ぎんぐり劇場turbo

製作総指揮:ハツ 
撮影:マダム・オマール
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
登場人物のご紹介
若旦那様:ぎんぽん:アメリカンショートヘアー。
2002年12月19日生

嬢ちゃま:ぐり:スコティッシュフォールド。
2004年10月3日生。

末っ子:しゃこぼ:マンチカン。
2007年12月25日生。
走りや。

マダム・オマール:写真撮影担当。

ハツ:物語の作り手&語り手。

ハツとマダム・オマールは別人でございます。
詳しくは登場人物相関図をご参照下さいまし。まだしゃこぼーずが登場しておりませんが、そのうち改訂します〜
ぎんぐり暦 ・ 新春
ご指導・ご鞭撻・誉め殺しは
こちらへお願い致しますです。
ginguri-gekijo@hotmail.com
(大変お手数で御座いますが、SPAM除けのため、@を半角に入力し直してご使用下さいませ)
    


LINKS
PROFILE
OTHERS
RECENT TRACKBACK
<< 第285話 『あうん』 の巻 | main | マダムの日曜版 第67号 >>
ハツのDC通信 〜自然史博物館〜
駆け足、てんこ盛りだったこの夏のハツの旅、
今日はスミソニアン自然史博物館です。

この日、勇んでてれびどんを連れて行ったハツ。
マダムから絶対に恐竜と一緒に写真を撮ってきてと厳命されており。


ああ、でも、博物館内部は薄暗いのであり、父さん・・・。
おまけに、
恐竜が足踏みするもんだから、局所地震も多発したんだよ、蛍。
でも、がんばったんだ。
うん。マダムが画像処理を・・・・
コンピュータってすごいと思うのであり。


展示方法のユニークさでも名高いスミソニアン。
見るだけではなく、随所に「さわってみて」という展示も多くあり、
この展示の工夫が日本の類似施設への刺激になっているのだな。
と、つい最近訪れた美ら海水族館の同様展示を思い出しました。


てれびどん達みんなのご先祖様は、きっとこの方々。


アルマジロのはく製かモデル。よぐわがんながった。
生まれて初めてアルマジロの骨格標本を見て感動して撮影したのに、
そっちはどうしてこんなもん撮ったのとマダムに掲載を却下され。
ああ、父さん、ハツの興味は他の人と同じはずなのに。
アルマジロの骨は素晴らしかったのに。


そして、こちらは宝石・貴石の展示会場。
「もう行こうよーあきたー」と騒ぐ子供に、
「もうちょっと見てるから、先に行ってなさい」
と、すげないおかーさん、遠巻きにこわごわ見ているお父さん達でいっぱいでした。

写真右上は、ナポレオンが2番目の奥さんにプレゼントしたティアラ。
なんでも、後の所有者が、オリジナルにはまっていたサファイヤだかエメラルドをすべて、トルコ石に替えてから寄贈したそうで、
どことなくチープで、ださかったです。


かの有名な呪いのダイヤ、ホープダイヤモンドも見ました!
にほんブログ村 猫ブログへ


blogランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックをば。ぎんぐり劇場への投票になります。


撮影したはずなのに見あたりませんの。
ボケてたので削除したのか、はたまた呪いか・・・




こちら、どんな石より美しい瞳のぐるりこさま

留守番とおみやげはセットだの。留守番とおみやげはセットだの。留守番とおみやげはセットだの。留守番とおみやげはセットだの。留守番とおみやげはセットだの・・・・・
| 非日常 | 09:59 | comments(12) | trackbacks(0) |
comment
わぁー、ほんとだすっごくきれいな瞳です。
下の呪文がなければ、すみきった心をうつす貴石のような瞳と表現したいところですが
ぢょうちゃまの煩悩が邪魔をする。

やはり、女は見た目よね。

スミソニアンはすごっく広くて、展示物も多岐に渡ると聞いていたものの、行くともっとすごそうですね。

恐竜の化石と宝石、同じくくりなんですね。
なんか、納得します。
| うなどん | 2008/09/06 12:37 PM |
マダムっ! アルマジロの骨格標本、まこちんも掲載熱望っ(爆)!

で、この恐竜さんたちですか? 夜中になると歩きだすのは(笑)。
えっ? それはNYの自然史博物館。 しかも映画だろうって?
いやいや、ワシントンDCだって、わかんないだわよぉ〜(笑)。

んで、サファイア or エメラルド → ターコイズ
これは、いただけませんなぁ〜。
ターコイズが生きるのは、ネイティブ・アメリカンが作ったような
素朴な雰囲気の残るシルバーアクセぐらいじゃないかしら?
後の所有者さんとやら、まこちん的にはセンス、凹んでます(笑)。

あぁ、それにしても嬢ちゃまの緑の瞳と梅干しのお鼻、ちれーっ♪
ただ、最後の呪詛の言葉は違うだしょ? 今回の酢味噌煮安、 
お出かけしたのはハツさまで、マダムはおうちにいましたから(笑)。
おみやげをねだるのは、むしろ沖縄旅行だと思うだのよっ♪
| まこちん | 2008/09/06 4:37 PM |
ぐりちゃんの瞳、ほんとにキレイ。
わたしも留守番とお土産はセットだと思うだわよ。
当たり前だわよねぇ。

恐竜の骨格って近くで見たら、なんて思うのかな?
でかい〜!!かしら?
| あんこ | 2008/09/06 5:01 PM |
ぐるりこさん、大丈ブイ!
ハツ様が、ぽっけから、かっぱらってきた「でーやもんど」出してくれるからね。
こっそり後で、送ってね。
| モモコ | 2008/09/06 7:14 PM |
王冠のセコさには苦笑でございますね。

ところで、博物館の中って撮影自由だの?
そぼくなギモンでぐるぐるの、らっきょの脳内。

で、そうだった、恐竜が歩き出すDVD、
引越しのどさくさでしまいこんだまま
見るのを忘れていたんだった。
ハツさま、思い出させてくれてありがとだだわ。
| らっきょ | 2008/09/06 10:37 PM |
わー!恐竜だー!恐竜、好きなんです。
けっこう凝った大規模な恐竜展示があったんですが、暑さに負けて行きそびれたのでうれしい〜♪
写真撮影はOKなんですね。
ぐるりこちゃんの名言、瞳と一緒でみりき的だわ。
| ろく | 2008/09/07 8:12 AM |
嬢ちゃま、てれびどんばっかりご旅行なので、
ごりっぷくりん!でいらっしゃるのですね〜。
でもね、アオブダイの干物は恐ろしい色だと思うし、
方や恐竜じゃあねえ・・・。
アルマジロくんの意外なかわいさに免じて許してあげてください。

てれびどん、オーイソには鯨の骨格が展示されているところが、
2カ所は確実にありますので、是非、ご一緒に記念写真を!
だって、こっちも親戚みたいなもんでしょ?
| Cat Lover | 2008/09/07 8:25 AM |
呪いのキャッツアイ
留守番とおみやげはセットだの・・・留守番とおみやげはセットだの・・・留守番とおみやげはセットだの・・・

ぐるりこさまの美しい瞳にはのろいがかけられているのだ。
この瞳を見たものはその恐ろしい呪いに・・・

| にゃむるん | 2008/09/07 5:34 PM |
で、ハツさま。

ぐるりこ姫さまのもようの呪いを解くためのお土産は???
| にゃんこせんせ | 2008/09/08 11:58 AM |
うなどん様
スミソニアンの自然史博物館は動物園と並んで
ぜひ行きたい!と思っている場所です。
なんでも全哺乳類の毛皮も所蔵されてるそうですよお。

うなどん様
サファイアがターコイズの件は
ハツ的にはいっとうインプレッシヴだったようです。
はずしたサファイアはバラで使ったのかしらねー。
んで、よくぞおっさってくださった。。
ぐりたん、ハツんちの留守番なんか全くしてないのにー。
お土産もらえるのは茶々さまですー。

あんこ様
キャッツアイもいろいろ取り揃えられていたそうです。
この骨格の撮り具合、かなり文句をつけてしまいました(笑)
「ああ、私が一緒に行っていれば!」と。
や、ハツもすっごいがんばったと思いますですよ。

モモコ様
せめて「呪いのだいなもんど」の写真だけでもあれば〜。

らっきょ様
全く規制なし、だそうです>館内撮影
すっごくうるさいのは日本ですね。
ルーブルもオルセーもノーフラッシュならOKですもん。
ああ、それにしてもここ行きたい。

ろく様
夏休みにはけっこうやるんですよね、恐竜展。
私、恐竜にはかなりくわしーですよ(笑)

Cat Lover様
ぐりちゃんはやはり宝飾館とかが好みじゃないでしょうか。
そすてクジラさんよりアジ(笑)
オーイソには水族館はあるんですか?

にゃむるん様
ちがうだもん。
ぐりこのお目々はこーふくの猫目だもん。byぐるりこ

にゃんこせんせ様
ぐりこのもようはせかいいち!
| マダム・オマール | 2008/09/11 12:06 PM |
今読んだけど、撮影したはずのホープダイヤ、それは私が写真撮ったからだよ。
| 貞 | 2008/09/30 1:27 AM |
貞ちゃん、
ああ!やっぱりっ!送ってちょうだいなっ。
| ハツ | 2008/09/30 12:16 PM |
comment?









TrackbackURL
http://glider.jugem.cc/trackback/830
trackback