ぎんぐり劇場turbo

製作総指揮:ハツ 
撮影:マダム・オマール
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
登場人物のご紹介
若旦那様:ぎんぽん:アメリカンショートヘアー。
2002年12月19日生

嬢ちゃま:ぐり:スコティッシュフォールド。
2004年10月3日生。

末っ子:しゃこぼ:マンチカン。
2007年12月25日生。
走りや。

マダム・オマール:写真撮影担当。

ハツ:物語の作り手&語り手。

ハツとマダム・オマールは別人でございます。
詳しくは登場人物相関図をご参照下さいまし。まだしゃこぼーずが登場しておりませんが、そのうち改訂します〜
ぎんぐり暦 ・ 新春
ご指導・ご鞭撻・誉め殺しは
こちらへお願い致しますです。
ginguri-gekijo@hotmail.com
(大変お手数で御座いますが、SPAM除けのため、@を半角に入力し直してご使用下さいませ)
    


LINKS
PROFILE
OTHERS
RECENT TRACKBACK
<< ぎんぐり百景 その186 | main | パブリックコメント 追記 >>
パブリックコメント

皆様ごきげんよう。8月も残りわずかですね。

相変わらず3猫3様の日々。


今日はパブリックコメント(意見公募)のお話です。

たくさんの犬ブログ・猫ブログで取り上げているので、
ご存じの方も多いと思います。


動物愛護管理法の改正は、5年に1回行われています。
5年前の改正では
『8週齢規制』(8週齢未満の子犬子猫を親から引き離す事を禁止)
が、ほぼ間違いなく改正される見通しでした。
ところが環境省でこの改正についてのパブリックコメントを募ったところ
反対9500、賛成200という結果になりました。
悪質なブリーダーやペットショップでは、「小さい子ほど売れる」と
8週未満のコドモをどんどん市場に出し、お腹が空く間もなく繁殖。
小さい子はワクチンも接種されず、早くから母親と離されるため
社会性が育たなかったり、免疫が低かったり、4割の幼体が死んでいるとも
言われています。
現状維持したい業者の組織票が圧倒的になってしまった前回。

ぜひ今回の改正は通って欲しい。
そのためには、賛成を表明しなくてはなりません。

パブリックコメントの〆切りは8/27まで。もう間もなくです。

くわしくまとめられているサイトがあります。ぜひご一読を。

One Action for Animals

そしてパブリックコメントのわかりやすい出し方が、ほぼ日にあります。

犬と猫と人間の話。

イヌやネコと暮らす日々は、かけがえがありません。
彼らがヒトに寄り添って生きてくれるように、ヒトも彼らの生に責任を持ち、
その短い生涯を少しでも平和に幸せに送ってもらえるように。
まずはひとつ行動、です。




もちろん、単純に比較できませんが、犬猫の8週齢は人間のほぼ3歳児
にほんブログ村 猫ブログへ
↑ 
blogランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックをば。
ぎんぐり劇場への投票になります。


まだまだ、お母さんといっしょがいちばんでしょ

| おしらせ | 14:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
comment
ああ、そうだす。
じつはもうすでに意見表明だしました。
やはりぎんぐりな皆様も動いておりましたか。
ああ、同志よーーー。

うちの白柴は2歳でも 「ママ・・・。」 でございますの。
おーーーーっほっほっほ。
| 鎌倉山 | 2011/08/26 9:12 AM |
鎌倉山様、お久しゅうございます。
ひしっ!!
| ハツ | 2011/08/26 1:56 PM |
comment?









TrackbackURL
http://glider.jugem.cc/trackback/1203
trackback