ぎんぐり劇場turbo

製作総指揮:ハツ 
撮影:マダム・オマール
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
登場人物のご紹介
若旦那様:ぎんぽん:アメリカンショートヘアー。
2002年12月19日生

嬢ちゃま:ぐり:スコティッシュフォールド。
2004年10月3日生。

末っ子:しゃこぼ:マンチカン。
2007年12月25日生。
走りや。

マダム・オマール:写真撮影担当。

ハツ:物語の作り手&語り手。

ハツとマダム・オマールは別人でございます。
詳しくは登場人物相関図をご参照下さいまし。まだしゃこぼーずが登場しておりませんが、そのうち改訂します〜
ぎんぐり暦 ・ 新春
ご指導・ご鞭撻・誉め殺しは
こちらへお願い致しますです。
ginguri-gekijo@hotmail.com
(大変お手数で御座いますが、SPAM除けのため、@を半角に入力し直してご使用下さいませ)
    


LINKS
PROFILE
OTHERS
RECENT TRACKBACK
<< わしんとん日記 day5 | main | わしんとん日記 おみやげ >>
わしんとん日記 day6

わしんとんでの夏休みもいよいよ最終日。

ハツ&オマールです。
ハツも高熱&低体温のジェットコースターから、ややりかばりました。
最終日なので、午後からちょいと無理をして、
Smithsonianのひとつ、Renwick Galleryに行ってきました。

ここは19〜21世紀アメリカの美術工芸と装飾、いわゆるcraftの美術館です。
まったく期せずして特別展示「The Art of Gaman」が行われていました。

これは、1942〜46年に全米にあった日本人強制収容所内で
収容された日本人が作った工芸品や絵の展示です。

限られた素材で作られた生活用品はもちろん、
貝殻やひまわりの種でできた繊細なブローチ、
収容所からの風景を日本刺繍で描いたものなど、
どんな状況にあっても、「うつくしいもの」を作ろうとする
人間のすばらしさとせつなさを感じました。

製作者の中には、CalArtsの出身者や、
もともと指物師だった方や工芸、手工芸に造詣が深い方々も少なくなく、
収容対象がいかに多岐に亘ったかを知らしめてくれます。

展示品の中に、
還暦を迎えた方への贈り物としてつくられた杖がありました。
「祝:還暦×××太郎」と書かれた立派で美しい杖。
60年生きてきて、祖国を離れ懸命に生きた方が収容所で還暦を迎える。

こんなことは二度とあってはいけない。
でも、今、この瞬間に60年生きることさえが夢である命がある。

私たちはそれを忘れてはいけない。防がなくてはいけない。
そう、強く思いました。

一つ一つの作品の思いが強すぎて、とても一度には見られませんでした。
ハツは、1/3見たところで、他の会場へと行き、息を整え、また戻って見ました。
重かったです。

イサム・ノグチの作品も一点ありましたが、他の展示物と同列に、
いわば「one of them」として扱っていたことが美しく印象に残りました。
思いやりとセンス、
そして言うまでもなく良識のある方々の企画だからでしょう。


 
ホワイトハウス&モニュメント(ワシントン記念塔)


娘のアパートを訪ねるよれよれの母の図
「あけておくれ、おかあさんですよ。。」


hookahも見せてもらいました。
写真ではよくわかりませんが、胴体の部分が七宝で美しいものでした。
手前は、hookahを収納するちびスーツケース。


夕食はこれぞあめりこ、というダイナーで。




あと数時間で帰途に着きます
にほんブログ村 猫ブログへ 

blogランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックをば。
ぎんぐり劇場への投票になります。


デトロイト乗換えで帰ります。まあ1日はかからない。。だす。
 

ホワイトハウス前の公園にいた白リス〜。
場所が場所だけにねー、ラッキーリスかしらん。

リスはけっこう、コワイ顔。
しっぽが平たいどす。

リスの写真集ができるほどリス写真がつくだにー。

| 番外編 | 14:46 | comments(6) | trackbacks(0) |
comment
りす、りすもえ〜〜〜

なんて、こと、いってる平和が、貴重であることを、私ももっと知らなくてはいけないな、と思うのです。


それにしても、お身体お大事にしてくださいマセね!!!!
| モリコ | 2010/07/22 10:10 PM |
そろそろ、ご到着でしょうか…。
お疲れさまでした。

それにしても、充実した旅でいらっさいましたねー。
とっても素敵な毎日で、憧れの日記の連続でした。

ドアを開けた貞ちゃんが、狼じゃなかったのかだけが、
ちと、心配ですが…笑。
| Cat Lover | 2010/07/23 3:26 AM |
ちょうど特別展示の時期に行かれたことも
なにかのご縁でしょうか。
制作された方々の色々な思いがこもっているのでしょうね。
平和、作りたいです、家庭にも社会にも世界にも。



貞ちゃんのアパート可愛いです♪
絵本の中に出てきそう。





| あんこ | 2010/07/23 12:25 PM |
あのぉ〜、すっごく頭の悪い質問してもいいですか?
聞くは一時の恥。 聞かぬは一生の恥だと思って聞きますが、
「The Art of GAMAN」 の 「GAMAN」 って 「我慢」 のこと?
聡明マダムと博識ハツさま。 おバカなまこちんを助けてっ!

んで、貞ちゃん。
てっきり、学校のドミトリー住まいだと思っていたら、
アパートメントでインディペンデンスな生活をっ!???
……ってか、もう3年生ですものねぇ〜(感慨)。
時間って、いつから束で飛び去ってくようになっただかしら(爆)。

あめりこのダイナー……。
ちょっと辛めに味付けされたチキンウィング、食べたしっ(笑)!!
  ↑ まこちんの住んでたカエデの国では、毎週●曜日は
    1本10セント、なんてサービスもあっただの(遠い目)。

ところで今、19時前。 デトロイトからの経由便だと、
そろそろマダムがお宅にたどり着く頃だだわね?
久しぶりのおかさん。 3にゃん、どんなふーに迎えるだかしら(笑)?
  ↑ しゃこちゃんが忘れてないか、心配(爆)。
| まこちん | 2010/07/23 6:59 PM |
モリコさま
オマールには、特別展示として「リス展」を開催してもらいたいと思ってます。
これ、オマール、用意しなはれ。

Cat Loverさま
短パン、チューブトップの美人さんルームメイトが迎えてくれましたわ♪
女の子3人、男の子2人で仲良く暮らしているようです。

あんこさま
苦労して手に入れてないから、平和を自ら壊すような悲惨な事件が多いのでしょうか。昨今。
しみじみしました。
貞子の住むアパートは、周囲にも学生がいっぱい。
とても静かで落ち着いたステキな街ですた。

まこちんさま
でんでん、恥ぢゃないっす。
最初、ハツは「GAMON」と呼んで、人の名前かと思いました。
そう、我慢のGAMANです。
SHINBOUとか、他にもっとふさわしい言葉はあるかもしれませんが、英語にしたときのシンプルさ、発音のしやすさで選んだのかも。

んで、貞子のこの住まいは夏だけ。新学期にはキャンパスに戻ります。基本、夏休みは追い出されちゃうの。
3年になったら、キャンパス外に住んでも良いんだけど、賃料が同じぐらいだしキャンパス内は便利だからか、キャンパスに残るそうです。
新ルームメイトの一人にばったり会いましたが、まあ、すてきな美人さん。若いってすばらしい〜。

んで、んで、私たちの滞在したホテル近くに、
火曜日は1本20セントのチキンウィング!っていうバナー、ありましたよ。
貞子が興味津々で、今度来ようかなあ。って。(笑)

しゃこちは、ハツにまとわりついて、なぜかオマールを見て逃げていました。
どうやら、取り違えて記憶してた様子。(爆)
| ハツ@体温35.7度 | 2010/07/24 7:20 PM |
しゃこは私を見ては逃げます。どゆこと!

リス写真は某えみちゃんちでupしようかなぁ、と思ってました。
かわいい風体なのに、イケすかない表情なのよねぇ。
んで、眠いーー。
寝ると3時間位で起きちゃって眠れなくなるし、
このトシになると、時差はモロにじりつしんけーを壊しますなぁぁ。
| オマール | 2010/07/24 8:48 PM |
comment?









TrackbackURL
http://glider.jugem.cc/trackback/1168
trackback