ぎんぐり劇場turbo

製作総指揮:ハツ 
撮影:マダム・オマール
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
登場人物のご紹介
若旦那様:ぎんぽん:アメリカンショートヘアー。
2002年12月19日生

嬢ちゃま:ぐり:スコティッシュフォールド。
2004年10月3日生。

末っ子:しゃこぼ:マンチカン。
2007年12月25日生。
走りや。

マダム・オマール:写真撮影担当。

ハツ:物語の作り手&語り手。

ハツとマダム・オマールは別人でございます。
詳しくは登場人物相関図をご参照下さいまし。まだしゃこぼーずが登場しておりませんが、そのうち改訂します〜
ぎんぐり暦 ・ 新春
ご指導・ご鞭撻・誉め殺しは
こちらへお願い致しますです。
ginguri-gekijo@hotmail.com
(大変お手数で御座いますが、SPAM除けのため、@を半角に入力し直してご使用下さいませ)
    


LINKS
PROFILE
OTHERS
RECENT TRACKBACK
ぐりこは忘れない
 




R.I.P.

どうぞ安らかに。




おれだって。。





| 番外編 | 12:17 | comments(3) | trackbacks(0) |
わたしにできること
 

思いっきりはみ出てますがな。。
いいやね、スケールがでかくて。
どーんといきやしょうや。エールですもん。

片付けの最中にひっそり「お山の大将」をキメてたしゃこち。





えいえいおー!



| 番外編 | 12:40 | comments(9) | trackbacks(0) |
わしんとん日記 おみやげ
皆様ごきげんよう、オマールでございます。
熱波のワシントンから酷暑の日本に無事帰って参りました。

最初に予定していた動物園行きは、さすがに自主規制して、
「こ、今度ね。」
「うん、卒業式は5月だし。その時ね。」

と、中止したほど楽しくも過酷な旅でしたー。

帰路のエアで、前列のオネエお兄さんの強烈なパフュームがトリガーとなり、アレルギーから鼻水が止まらなくなったかわいそうなハツ。

ボルチモアで発症した熱中症の後遺症か体温35.2℃だしー。
いったん我が家に帰り、今日は早速耳鼻科に行ってきました。


今日はおみやげアレコレをご紹介致します。

これはワシントンのホテルで撮った一葉。
さて、なんでしょう。ふふふ。


ぱぱりんにはねえやの大学グッズです。
校名&マスコットのブルドッグ・ジャック付ゴルフセットにtag。


感銘を受けた「The Art of Gaman」のご本も購入しました。
右は貝殻で作られたブローチの数々。




こちらはボルチモアで買った品々。
コレクションしているカエルに、四角いのはクラゲのピルボックス。
しびれる可愛さ。
小さいのはナマズの根付けですぅ。


vineyard vinesのバッグとネクタイ。
このブランドはおもいっきりプレッピーで、
いかにもーーという方々の御用達。
アメリカ一流大学とのコラボネクタイなども有名です。
おもいっきりプリントがかわいいのでぱぱりんに1本おみやげ。

 


ハツはー、
ねっちゅうしょおでぼんやりしているうちに日本へ着いてしまいー
なにひとつ買っておりませぬうう。
お世話になった方々へのお土産はあああああああ〜〜(号泣)
にほんブログ村 猫ブログへ 

blogランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックをば。
ぎんぐり劇場への投票になります。


ハツ、ハツ、わかったから、お薬を飲んで寝なさい。ね、ねっ?
 


そして、トップ写真の段ボール箱の中身はっ!?


か、かあちゃん、これわっ!?


ぎんぽんがこよなく愛する【シャケのお麩】です。
私達の到着前にねえやに頼んで1ケース取り寄せておいてもらいました。
日本の市場価格の1/3強ですもんっ。

| 番外編 | 12:30 | comments(7) | trackbacks(0) |
わしんとん日記 day6

わしんとんでの夏休みもいよいよ最終日。

ハツ&オマールです。
ハツも高熱&低体温のジェットコースターから、ややりかばりました。
最終日なので、午後からちょいと無理をして、
Smithsonianのひとつ、Renwick Galleryに行ってきました。

ここは19〜21世紀アメリカの美術工芸と装飾、いわゆるcraftの美術館です。
まったく期せずして特別展示「The Art of Gaman」が行われていました。

これは、1942〜46年に全米にあった日本人強制収容所内で
収容された日本人が作った工芸品や絵の展示です。

限られた素材で作られた生活用品はもちろん、
貝殻やひまわりの種でできた繊細なブローチ、
収容所からの風景を日本刺繍で描いたものなど、
どんな状況にあっても、「うつくしいもの」を作ろうとする
人間のすばらしさとせつなさを感じました。

製作者の中には、CalArtsの出身者や、
もともと指物師だった方や工芸、手工芸に造詣が深い方々も少なくなく、
収容対象がいかに多岐に亘ったかを知らしめてくれます。

展示品の中に、
還暦を迎えた方への贈り物としてつくられた杖がありました。
「祝:還暦×××太郎」と書かれた立派で美しい杖。
60年生きてきて、祖国を離れ懸命に生きた方が収容所で還暦を迎える。

こんなことは二度とあってはいけない。
でも、今、この瞬間に60年生きることさえが夢である命がある。

私たちはそれを忘れてはいけない。防がなくてはいけない。
そう、強く思いました。

一つ一つの作品の思いが強すぎて、とても一度には見られませんでした。
ハツは、1/3見たところで、他の会場へと行き、息を整え、また戻って見ました。
重かったです。

イサム・ノグチの作品も一点ありましたが、他の展示物と同列に、
いわば「one of them」として扱っていたことが美しく印象に残りました。
思いやりとセンス、
そして言うまでもなく良識のある方々の企画だからでしょう。


 
ホワイトハウス&モニュメント(ワシントン記念塔)


娘のアパートを訪ねるよれよれの母の図
「あけておくれ、おかあさんですよ。。」


hookahも見せてもらいました。
写真ではよくわかりませんが、胴体の部分が七宝で美しいものでした。
手前は、hookahを収納するちびスーツケース。


夕食はこれぞあめりこ、というダイナーで。




あと数時間で帰途に着きます
にほんブログ村 猫ブログへ 

blogランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックをば。
ぎんぐり劇場への投票になります。


デトロイト乗換えで帰ります。まあ1日はかからない。。だす。
 

ホワイトハウス前の公園にいた白リス〜。
場所が場所だけにねー、ラッキーリスかしらん。

リスはけっこう、コワイ顔。
しっぽが平たいどす。

リスの写真集ができるほどリス写真がつくだにー。

| 番外編 | 14:46 | comments(6) | trackbacks(0) |
わしんとん日記 day5
皆様ごきげんよう、オマールでございます。
日本では最高気温35度と伝わってまいりますが、ここ米国東部も熱波。
ハツ、体温調節機能に不調をきたしております。

「さむいのー、あついのー、まだむー、えぐえぐー」

多分発熱してますが、このあとの予定もありますから計らないことにしました。


しっかりせよと叱咤して向かいました。

うだる母子。

アムトラックに乗ってボルチモアに行くため、Union Stasionへ。
ほんとにかっこいー駅。
ボルチモアのペンシルバニア駅もそうですが、あめりこの駅ってクラシック。


目的地は、Natioal Aquariumです。


水族館も大好きなわたくし。亀太郎いました。


この子は凍傷で片手を失ってしまい、海に戻すことはできません。
でも、丸ごとレタスをもらったり、元気に泳いでいました。
ロメインレタスが一番の好物だそうです。

この水族館は全米でも上位に来る施設らしいのですが、ちょと生臭かった。。。
日本の水族館てすごーく上質なんだなー、と改めて思いました。

ディスプレイはおされなんですけどねー。
真ん中の写真は、壁にプロジェクターで投影されるサメ。数秒でサメやらエイやら
映しだされます。

ばんごはんはカニ道楽へ。うそです。


Cold Plateau

うーん、まあまあ。。。。? 観光地ですしー。
生マグロのみたらしだれ、みたいなのがあってビックリ。
ここはしょうゆとわさびだしょーーー!
今年になって2回、生牡蠣にあたったハツは、
泣きながら牡蠣をパスしていました。

夕景のチェサピーク湾。もう9時過ぎてるのに明るいったら。



無事にDCに帰ってきましたが、ハツは伏せっております
にほんブログ村 猫ブログへ
 

blogランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックをば。
ぎんぐり劇場への投票になります。


明日は最終日。あさっては帰途に着きます。また丸1日かかるだのよ
 



ハツを早々に寝かせ、貞ちゃんとホテルでおえかき。

左:オマール 右:貞子
| 番外編 | 11:56 | comments(8) | trackbacks(0) |
わしんとん日記 day4
今日は日曜日。安息日。休養日。 ホテル&ホテル近辺でぶらぶらと。
ブランチはsubway 晩御飯はこじゃれたイタリアン。ここ。

挨拶に出てきたシェフが、まんがみたいなかわいいおぢさんでほのぼの。
web掲載の写真は、かなーり若い頃のだと思う。。

前菜のムール貝のソースがおいしかったけど、
アントレのチキンの付け合せのパスタが、おうどんだっただよう〜〜。


で、オマールがホワイトバランスとやらを間違えたので、今日撮影の写真が全滅。


おかーさん、そういう日もあるだのよ。。


留守宅のぱぱりんとskypeつないで話し、3にゃんの顔を見ましたが、
だーーれも分からないのっ!むうう。




明日はBaltimoreに行きます。
にほんブログ村 猫ブログへ
 

blogランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックをば。
ぎんぐり劇場への投票になります。


寝坊しないようにしなくちゃ。。
| 番外編 | 13:46 | comments(3) | trackbacks(0) |
わしんとん日記 day3
 昨日のエントリでも書きましたが、とにかく暑い。
天気予報で見る限り、最高気温35℃とか。
うーん、アタミの民としてそう驚くような数字でもない。
でもでも、このもわもわ缶はなにっ!?
オーブンの中を歩いているようなすごさなんですの。

そんな中、メトロを乗り継いでスミソニアンへ行くなどありえないっ!
どうせ3人いるんだしっ。と迷わず歩道で手を上げる私たち。
すすいと止まったタクシーに乗り込んだ後に、貞子が一言。

「アメリカのタクシーの悪いとこはエアコンをケチることだね。。」


うう。タクシーも暑かったようううう。エコは時々やだだよううう。


さて、というわけで、たどり着いたぞスミソニアン。

数ある博物館、オマールの希望でいの一番に行ったのは、

National Museum of the American Indian



入り口付近に立つ像。
いうまでもなく、非公開画像には、同じポーズをしたオマールと貞子がおります。w


細かいディスプレイケースの前にあるパネルは、
タッチパネル式の説明。見たいものを選ぶと、部分拡大も説明もワンタッチ。
たとえば、R眼にはしんどい精緻なビーズ細工も、無理なく大大アップで見ることができて、すっごい楽しい♪てくのらじ、万歳!


だいたいにして趣味が似通っている3人。
「いけてるううううううう」と歓声が一致した中から数点をご紹介。
 






古代のキャスパー?古代のマシュマロマン?



ちょうど、ペルー展が催されていて、これはパフォーマンスタイム。
出店のおぢさんとスペイン語で会話するオマール、かっこえええ〜(笑)かったよ。



悪夢を吸い取ってくれるというドリームキャッチャーを買いますた。
夜中に狼に変身し、夜な夜な徘徊しては美女(ハツ)の精気や生き血を啜るオマール。
これで収まりますように。




この後は、National Gallery of Artへ
にほんブログ村 猫ブログへ 

blogランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックをば。
ぎんぐり劇場への投票になります。


ハツは大好きなフェルメールとレンブラントにまっしぐら。
ドガの彫刻にも再会してきました!絵だないのよ。
 

1日いたって見切れないから、時間と集合場所を決めて自由に見学。
オマールはゴヤを中心に見たそうで。
感想を尋ねれば、

「見づらい構造だああ。私を学芸員に雇用しろーー」と。

同感。
いや、雇用はいいですが、非常に見づらいに100万カノッサ。

前回も感じましたが、非常に見にくい作りです。もったいない。
できの悪い迷路みたいです。
あれもこれもはわかるし、いっぱい持ってるのは知ってるけど、
あれだけの所蔵品がもったいなーーい。



と、ここからは、今日のおまけ。某氏のようなエッセイ風ですわ。
-------
同行者も私も昨今、人々に眉をひそめられることも少なくない習慣を有しており、いや、早い話煙草をたしなむのであるが、アメリカ本土で喫煙スペースを探すことはなかなかに困難を極めることを承知しているので、出発前より米国滞在中、いかに習慣を保つかが頭痛の種の一つではあった。さて到着後、部屋はno-smokingではあるものの、ロビー階の裏庭およびホテル前では喫煙が許されると恰幅のよいフロントマンがチェックイン時に鷹揚に教えてくれた。
このご時勢に驚くべきことにsmoking部屋も用意があると白髪の彼はにこやかに言うが、喫煙者の癖に他人の喫煙には一言あるマナー良き、わがままな私たちは、匂いが移るため部屋では煙草をたしなまないという選択をした。おまけに、娘も同宿である。ぶつくさ文句を言われてまでは喫したくもない。
かようにして落ち着いた宿での滞在2日目の夜も更け、就寝前の一服を楽しまんと階下へ降りた。
先客がおり、ふむと彼らを眺むるともなく眺めるに、我等は驚愕したのである。
幼稚園児の背丈ほどもある、月明かりを受けにぶく銀色に光るひょうたん型の水煙管。美しく彫刻が施された水煙管を傍らに据え、緩やかにくゆらしながら異国の言葉で会話を楽しむ二人連れ。

「ちょ、ちょっとーーーー!あれって、組み立てられるのっ?」
「いや、組み立て式だって、かなりかさばるだしょうううううっ?」

いやあ、びっくりしました。旅行のお供に持ち運んでるんでしょうねえ。
さすがに写真撮らせてとはお願いできなかったので、皆様、「水煙管」で画像検索してください。巨大ですっ。
オマールも私もちょびちょびといろんなとこへ旅行してますが、水煙管持参の旅行者を見たのは初めてでしたー!
----

<追記>
と、ここまで書いて更新した後。同室にいる貞子が読んで一言。

「あ、これ、すてふぁにが持ってる。煙草だけじゃなくってベリー味とかいろんな匂いを吸えるの。
Hookahっていうの。メキシコに遊びに行ったときも、たたんで(笑)持ってったよ!」

すてふぁにちゃん。。昨日会った貞子のルームメイトのすてきな美人のお嬢さん。

というわけで、すてふぁにちゃんに頼んで、体験させてもらうことにしました!!
ひゃあー。
| 番外編 | 13:13 | comments(5) | trackbacks(0) |
わしんとん日記 day2
今回、ホテル選びの優先条件は、

1.キッチン付
2.ベッドが大きくて、部屋が広い
でした。
結果、いわゆるスイートタイプ(長期滞在型)から選び、
こんな感じ〜

このキッチンで、ご飯とお味噌汁、お漬物などの和定食。(笑)


今日はホテルから徒歩20分ほどの大学へ向かって歩くことに。
途中、Mストリートというメインストリートをひやかしながら行けば、
20分ぐらいだいじょぶ。


しかーし、暑いっ!!

泣きそうになりながらたどり着いた貞子の大学。
2年前のDC通信でもお伝えした堂々としたふるーい由緒ある大学。
すげー。

正門から望むヒーリーホール     Founderのジョン・キャロル翁
 

卒業生らが結婚式をすることも多い美しいチャペル(左)
貞子が入学の時は「2年待ち」でした
貞子がほとんど住んでいるラボのある校舎(右)
ねえやはここで、DNA抽出したりテストに泣いたりしているらしい
 


夜、8時近くにホテル近くの公園にいたリスちゃん


ディナーを取ったのはポトマック川沿いのレストラン


日頃、まずしーい食生活の貞子においしいものを食べさせたい母心。
くふふ。
ロブスターにリブ、コーンブレッドの山。
海老好きのオマールセレクションのスパイシーな蒸し海老。
トマト好きのハツセレクションのトマトサラダ、チキン添え。


ワインはドライなシャルドネのsonoma

この後、キーライムパイ、ベリーシャーベットのデザートもほぼ完食。
まじ、美味しかったです。
ツーリスティックな場所だったので、???と入りましたが、大当たりでしたわ。


今日はこれからスミソニアンへ行きます
にほんブログ村 猫ブログへ 

blogランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックをば。
ぎんぐり劇場への投票になります。


貞子は、初日からこのホテルの住人です。w
| 番外編 | 00:36 | comments(4) | trackbacks(0) |
わしんとん日記 day1

1泊以上の旅行を一緒にするのは学生時代以来。
とはいえ、
お互いの家に1週間以上stayなどはしょっちゅうなハツ&オマール。
一緒にいるのに慣れてます。(笑)

2人してやってきました。アメリカへ。

乗り継ぎ地のデトロイト空港。
ここまでに12時間。うつらっとした以外は眠れずにぼやーん。

午後3時に成田を出たのに、どうしてここも午後の3時なの?ハツ。
さーー、地球は広うございますですねえ。



乗り継いだ国内線の機内の窓から。
自分たちのスーツケースが機内に運び込まれるのを目撃。
黒とかスタイリッシュなスーツケースはゴマンとあるので、
なるべくレアな色を選んで使うのがハツの流儀。
このピーチ色、同じのを今まで1回も見たことないです。
後ろのブルーのはオマールの。



ようやく着いたワシントンレーガン国際空港
ねえやがお迎えにやってきてました♪
7ヶ月ぶりのわが娘。元気そうです。


ホテルにチェックインした後、軽く荷物整理をして、
ホテル近くのヴェトナムレストランで夕食。



午後8時近くのジョージタウン。ほんとに美しい街です。




この後、24時間ぶりにぐっすり寝ました。
にほんブログ村 猫ブログへ 

blogランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックをば。
ぎんぐり劇場への投票になります。


ハツが更新している間に、部屋を片付けるオマール。てきぱき。


本格始動は今日からです〜〜
今日は、貞子の大学訪問です。


| 番外編 | 00:09 | comments(5) | trackbacks(0) |
携帯配信ボツ写真

皆さまにお楽しみいただいた携帯配信、本日はボツとなった画像をお届けいたします。

ボツになった=できが悪い

では、ないのですよ。さらさら。
単にしゃこぼが続いたとか、嬢ちゃまが続いちゃうとか、同じカットでの連続写真だったり。
そんなこんな理由で配信しなかったのでございます。


1                   2
 

3                   4
 
5                                      6
 


1. これからサメ狩りにいくだのよ
2. おかーさん、またお出かけだの?
3. 若旦那様の生首
4. ハツ、もうちょっとなんだ。もうちょっとで春に届くんだ
5. ぢっ・・・・・
6. しゃこぼのお花見





サメ狩り・・・って・・・・?
にほんブログ村 猫ブログへ 

blogランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックをば。
ぎんぐり劇場への投票になります。


新機に馴染んでいないマダム、
ずいぶんと傑作を消去してしまったそうで。。
 

| 番外編 | 12:26 | comments(6) | trackbacks(0) |